気になる銀歯を白いキレイな歯にしませんか?

術前

術後

話したり笑ったりしたときに見えてしまう銀歯が気になる……という方は少なくありません。そういう方には、白い素材「セラミック」がおすすめです。保険適用外の治療にはなりますが、銀歯をセラミック製の詰め物や被せ物に交換することで、天然歯のような審美性の高いキレイな見た目を手に入れることができます。

銀歯を使わない審美歯科治療は、西新井駅(足立区梅島)の上にある歯医者「西川歯科医院」へご相談ください。

セラミックを用いるメリット

  • 見た目が自然で印象がよくなる
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • プラークが付着しにくい
  • 経年劣化が少なく長期的に使える

銀歯をセラミックに換えることには、見た目以外にもメリットがあります。銀歯には金属アレルギーを引き起こすリスクがあるので、銀歯から溶け出した金属イオンによって皮膚のかぶれやかゆみ、シミ、肌荒れなどが出ることもあるのです。しかし、メタルフリー素材のセラミックなら、こうしたトラブルを避けることが可能。また、銀歯よりもプラークが付着しにくく、経年劣化が少ないという特長もあるので、長期的な使用の観点からもおすすめの素材です。

天然の歯を白くする方法について

歯の黄ばみが気になる方には、歯の着色汚れを落とす「クリーニング」や歯を削らずに白くする「ホワイトニング」がおすすめです。

歯の黄ばみの主な原因は、コーヒーや紅茶、タバコ、赤ワイン、カレーなどの色の濃い食べ物に含まれる「ステイン」です。ステインは通常のブラッシングだけでは落とせませんので、クリーニング剤を使って落としたり、ホワイトニング剤で漂白したりします。

ホワイトニングとは

薬剤(ホワイトニング剤)を歯の表面に塗布することで歯の黄ばみを漂白し、お好みの白さを実現します。

ホワイトニングのメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 色調や明るさをお好みで調節できる
  • 健康な歯を削らずに白くできる
  • 何度でも処置を受けられる
  • セラミック治療よりも費用がかからない
  • 色が後戻りすることがある
  • しみる症状が出ることがある
  • 予想通りの白さにならないこともある
  • 芸能人のような真っ白い歯を希望される場合は審美歯科治療のほうがおすすめ

セラミック治療やホワイトニングで歯を白くしたい方は、 当院へご相談ください