歯が抜けてしまったら、放置せずにすぐに治療を

歯列は隣接する歯同士が支え合って成り立っているため、歯が抜けた部分を放っておくと他の歯に負担がかかり、歯並びが崩れたり咬み合わせが悪くなったりしてしまいます。また、顎の骨もしだいに痩せて細くなるため、口腔内の正常な機能が損なわれていきます。もちろん、見た目の悪さも無視できない問題です。

たった1本であっても、歯が抜けるとさまざまなトラブルを招いてしまいます。「1本だから」「見えないから」といって放置せず、西新井駅(梅島)の歯医者「西川歯科医院」にご相談ください。

歯を失った場合の選択肢

歯が失われると、咀嚼力(咬む力)に大きな影響が出ます。奥歯が2本なくなると咬む力は4割も減ってしまうといわれていますので、早々に歯医者で歯を入れてもらいましょう。歯を失ってしまった部分を技工物などで補い、見た目と機能を回復する治療のことを補綴(ほてつ)治療といいます。

補綴治療その1:「入れ歯」

補綴治療にはいくつかの選択肢がありますが、その中でもっともポピュラーなのが「入れ歯(義歯)」。入れ歯は樹脂でできた人工の歯を歯ぐきに装着し、咬む機能を取り戻す方法です。歯ぐきには固定しないので、自由に取り外しできます。

入れ歯は使っているうちに歪みが生じたり磨り減ったりしてくると、違和感や痛みなどが出ることがあります。入れ歯が合わなくなる理由として考えられるのは、咬み合わせや姿勢、食生活、生活習慣など。これらを根本から見直すとともに、定期的なメインテナンスで入れ歯を調整・修理することで、違和感や痛みなどを解消して快適にお使いいただけるようになります。

「合わない入れ歯」を我慢して使用していると他の歯の寿命を縮めることにつながってしまうので、「入れ歯ってこんなものだから……」と思わずに、まずは当院へご相談ください。

西川歯科医院の入れ歯治療コンセプト

【「作り直し」はあまり行いません】

入れ歯を作り直すことで劇的な改善が期待できる場合を除き、当院では修理のみを行っています。「色が黒ずんできた」「ゆるくなってきた」「よく落ちる」「噛みづらい」といった場合は、修理だけで問題を解消することが可能。逆に歯の部分がすり減ったり割れたりしているケースでは、作り直しに対応します。できる限り作り直しをしないことで、費用を抑えて快適な入れ歯をご提供します。

【保険適用でも「合う入れ歯」は作れます】

素材や治療法は限られているが治療負担は少ない保険診療の入れ歯と、治療負担は大きいがより審美性や機能性を追求できる自費診療の入れ歯。こう見ると自費診療の入れ歯のほうが「合う入れ歯」を作れそうですが、「自費の入れ歯だからよく噛める」「保険だから合う入れ歯が作れない」ということはありません。当院では保険診療でも患者様のお口に合う入れ歯を製作できますので、他院で自費の入れ歯をすすめられた方も一度ご相談ください。

補綴治療その2:「ブリッジ」

入れ歯に抵抗のある方、抜けてしまった歯の本数が少ない方、できるだけ目立たない治療を望んでいる方には、「ブリッジ」という治療もあります。ブリッジは、歯が抜けてしまった部分の両隣の歯を削って支柱にし、橋(ブリッジ)をかけるように人工歯を装着する方法です。ケースによっては保険が適用されることもあります。

補綴治療その3:「インプラント」

インプラント治療は、顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の歯冠(被せ物)を装着して歯の機能を補う治療法です。自分の歯の色とそっくりな歯を入れられ、しっかり顎の骨とくっついているので咬む力も天然歯とほとんど変わりません。見た目にも、機能的にも非常に優れた治療です。

入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

  メリット デメリット
入れ歯
  • 取り外しできるので清掃性が高い
  • 比較的安価で作製できる
  • ほとんどの症例に対応可能
  • 部位によっては目立つこともある
  • 異物感や痛みが生じることがある
ブリッジ
  • 見た目で補綴物とわかりづらい
  • 入れ歯よりも噛む力を回復できる
  • 取り外しできないので清掃性が悪い
  • 両隣の健康な歯を削るリスクがある
  • 選択できないケースもある
インプラント
  • 見た目で補綴物とほぼわからない
  • 通常の歯と同じく歯磨きができる
  • ブリッジよりも噛む力を回復できる
  • 他の歯に負担をかけない
  • メインテナンス次第で長期的な使用が可能
  • 費用が比較的高い
  • 骨を削って人工歯根を埋め込むので、他の治療に比べて成功率が低い
  • 治療期間が長い
  • 患者様の身体的負担が大きい

【当院にご相談ください】
西新井駅(梅島)の歯医者「西川歯科医院」では、すべての患者様とじっくりお話をし、お悩みを解消したりご希望をかなえたりするうえでどの治療が最適かをしっかり考えてご提案いたします。医師の都合で患者様が望まない治療を強引にすすめるようなことはありませんので、ご安心ください。

歯が抜けてしまった場合は、早めの治療が大切です。 すぐに当院にご相談ください